終身保険-図解・生命保険-

保険のしくみ

生命保険の種類<終身保険>

保証される期間は決まってませんので、終身保障ですから
保険金は何歳でなくなっても支払われます。

保険料の払い込みが完了したら、
終身保険と同額の解約返戻金になります。

終身保険 = 積立要素があり割高です

解約返戻金を抑えることにより、
保険料の減額は可能です

■終身保険のしくみと種類

終身保険とは、
その名のとおり死亡するまでの終身保障のある保険のことです。

終身なので保障する期間は限定されず、何歳で亡くなっても、
または高度障害状態に陥っても、定期保険や養老保険同様に
保険金が支払われます。

保険料の払込が終わっても満期保険金は受け取れませんが、
解約したときにもらえる「解約返戻金」は歳を経るごとに
右肩上がりに増えていきます。

そのため、シニアになったら終身保険の一部を解約し老後の資金にあてよう、と計画してこの保険に入る人もいらっしゃるようです。

終身保険には様々な種類があります。
代表的なものとして、「低解約返戻金型終身保険」と「積立利率変動型終身保険」があります。

「低解約返戻金型終身保険」とは、
保険料払込期間中の解約返戻金を、通常の七割に抑える保険です。

そのため、保険料が格安に設定されています。保険料の払込が終わると同時に通常の終身保険と同じ金額の解約返戻金になります。

「積立利率変動型終身保険」とは、
運用実績が還元される終身保険のことです。

払い込んだ保険料は国債などの比較的安全性の高い金融商品で運用されますが、一般の保険料と区別して取り扱うことで、市場金利が上昇したときに積立利率を上げることができ、それによって恩恵を受けられる特徴があります。

一度上がった積立利率は下がることがありません。また、積立利率には最低保障がついていて、どんなに運用が低迷しても、その利率を下回ることがないように設定されています。

このように、長い目で見るとお得感がありますが、普通の終身保険より保険料はやや高めです。