生命保険のしくみ-図解・生命保険-

保険のしくみ

生命保険の種類<生命保険のしくみ>

生命保険は、「主契約」+「特約」が基本的な構成です。

主契約は死亡保険金や満期保険金、年金などのお金が支払われる
生命保険の基礎となる部分です。

特約保険は、医療保障、後遺障害などに備えるなど、
死亡保障を上乗せするオプション部分です。

生命保険 = 基本契約 + オプション契約

■生命保険のしくみ

生命保険とは?

生命保険は「主契約」と呼ばれる保障と、「特約」という付属の保障の組み合わせです。

生命保険は事故や病気などによる人の生死に対して、一定金額を支払う保険をいいます。メイン保障である「主契約」、様々なオプション的な性格を持った付属の「特約」という保障を組み合わせています。

主契約の種類としては、定期保険、収入保障保険、終身保険、医療保険、がん保険、養老保険、個人年金保険、子供保険などがあります。

定期付終身保険(定期保険特約付終身保険)といった、主契約同士を組み合わせた保険はどちらかが特約扱いになっています。

特約はオプション的な役割で、主契約に入らないものをサポートします。一つの保険に対して、主契約は一つと決まっていますが特約には制限がありません。いくつでもつけられるし、取り外しも原則として可能です。

特約の種類を大きく分けると、
①死亡保障を上乗せする特約
②不慮の事故死や後遺障害に備えた特約
③医療保障が備えられる特約
④上記に当てはまらない特約になります。

一つの主契約に組み合わせる特約の保険期間は主契約と同じです。

注意しなければいけないのは、健康状態に関係なく保障を延長できる更新可能期間は特約によって違います。

例えば主契約が終身保障でも、特約が一生受けられるとは限らないのです。

死亡保障を上乗せする特約(生前給付タイプは別)の保障期間は最長で主契約の保険料払込満了までです。

60歳払い済みの終身保険にセットされる定期保険特約や収入保険特約といった特約は60歳までしか更新できないということになります。また、その他の特約についても、最長80歳までというのが大半です。

入院保障関連の特約の中には終身保障が可能なものもあるにはありますが少ないでしょう。