アカウント型保険-図解・生命保険-

保険のしくみ

生命保険の種類<アカウント型保険>

アカウント型保険は、自由設計型保険ともいわれ
保険の持つ保障機能と貯蓄機能を分離した保険です。

特徴は、主契約部分を積立金として取り扱い
保険料の払込期間中の保障を特約保険でカバーします。

保険料払込満了時までに貯まった積立金は
終身保険に切り替えるといった内容の保険です。

アカウント型保険 =
保険料を積立金から引き落とすことが可能です

■アカウント型保険のしくみ

アカウント型保険は、正式には「利率変動型積立終身保険」と言います。

これは保険の持っている保障機能と、貯蓄機能が分離された保険で、
自由設計型保険ともいいます。

この保険の原型は定期付終身保険です。主契約である終身保険を、保険料の払込期間中に「積立金」として取り扱って、その間の保障は定期保険特約などの特約でカバーするシステムになっています。

積立金とは、解約控除を差し引く前の解約返戻金のことです。

本来は将来の保険金支払いのために積み立てられるお金ですが、その考え方を180度転換し、保険料払込満了時までにたまった積立金を元にして、終身保険に切り替えるのがアカウント型保険の特徴です。

メリットは、積立金を引き出したり、掛け捨ての保険(特約)にかかる保険料を積立金から引き落とすことができることです。また、まとまったお金を積立金に追加することもできます。

要は、保険専用のお財布が保険に組み込まれているのです。

一方、デメリットは、払込満了時の積立金・年齢・保険料率で終身保険の保険金額が変わってしまう=契約時に予測できないことです。

予定利率は最低保障がありますが、定期的に見直され、積立金は取り崩しが簡単にできてしまうので、計画通りに貯まらない可能性があります。

もし、予定通りの積立ができたとしても、払込満了時の保険料率(予定死亡率など)が悪化し、契約当初に想定していた終身保険金額に変更できないこともあります。

そのため、相続税対策などには向いていない保険だといえます。