養老保険-図解・生命保険-

保険のしくみ

生命保険の種類<養老保険>

養老保険は、死亡すると死亡保険金が、
満期になると満期保険金が支払われる都合の良い保険です。

「生死混合保険」と呼ばれ、とりっぱぐれがありません(^_^;

ただし、死亡保障を養老保険だけでカバーしようとすると
目ン玉が飛び出るくらいの保険料になります♪

養老保険 = 生命保険ではありません!

■養老保険のしくみと種類

養老保険とは、保険満期まで生存していた時には満期保険金が支払われ、保険期間中に高度障害状態に陥った時には高度障害保険金が、死亡した場合には死亡保険金が、満期保険金と同額支払われる保険です。

つまり、どのような状態に陥っても必ず保険金が支払われるという
魅力を持った保険がこの養老保険なのです。

明治20年代から昭和30年代までという長い歴史の中、日本の生命保険の主力商品として人々に親しまれてきた保険でもあり、「生命保険=養老保険」という図式がいまだに人々の中で定着しているようです。

昨今では「定期付終身保険」という保険が誕生したために、主力商品の座を定期付終身保険に奪われてしまいました。

このように、養老保険はどう転んでもとりっぱぐれることがないため、保険料がかなり高く設定されています。

例えば、アリコジャパンで「30歳の男性が60歳になった時に保険額1,000万円の払込を満了する」という条件の養老保険に加入した場合、月に支払う月払保険料が24,970円(2005年3月下旬現在)ということになります。

満期時に支払われる保険金のことを考えれば、毎月貯蓄に回しているのと同じで利用価値はあるかもしれません。しかし、一家の大黒柱が家族を支え備えるべき死亡保障を養老保険だけでまかなおうと考えると、毎月の払込保険料がとんでもない額を負担するリスクがあります。

また、養老保険は更新できるものもありますが、中には更新できない養老保険も存在します。更新できたとしても、更新後の保険料は値上がりするため、経済的な余裕が相当無い人でなければ、継続していくのは困難です。

養老保険への加入をお考えの場合は、
その養老保険に入院特約を付けて医療保険を備えるのではなく、
別口で単体の医療保険に加入したほうが賢明でしょう。

この養老保険のように、生死に関わらず保険金が支払われる保険のことを、
「生死混同保険」と言います。