ソルベンジー・マージン比率-図解・生命保険-

保険のしくみ

ソルベンジー・マージン比率<保険基礎用語>

ソルベンジー・マージン比率

保険会社が通常の予測を超えて発生するリスクに対し
どの程度の支払余力を持っているかを示す
保険会社の健全性維持のための指標のこと。

自己資本相当額の合計額を分子、保険会社が抱える
各種のリスク相当額を分母として算出する。

この比率が200%を下回ると、金融庁長官(監督当局)によって
早期に経営の健全性の回復を図るための措置が取られる。