がん保険-図解・生命保険-

保険のしくみ

生命保険の種類<がん保険>

がん保険は、その名のとおりガンになったときの保険です。

がんの定義は商品により異なりますので、加入時は
商品の内容をしっかりと確認することが大切です。

がんと診断された場合、支払い回数が1回ポッキリのものと
複数回可能なものがあります。

がんに備えるなら
医療保険+がん保険 が万全です

■がん保険のしくみ

がん保険は、がんと診断されたときに給付金が支払われる保険です。

保険対象はがんのみですが、がん患者をサポートするために入院保証だけでなく、がん診断一時金などが支払われたりもします。

保障の対象になる「がん」の定義ですが、商品により異なります。

「上皮内がん(臓器の表面にできたがん)」などがまったく対象にされていないものや、対象であっても診断一時金が低く設定されているものなどがあります。

がん保険には大きく分けて、契約当初の保険料がそのまま続き、一生涯保障のある「終身タイプ」と、満期になっても健康に関係なく所定の年齢に達するまでは更新ができて、一定期間を保障してくれる「定期タイプ」があります。

定期タイプでは更新のたびに保険料が上がるので注意が必要です。

①がんによる入院時には、支払い制限なしで1日目から給付金が支払われる。

②契約日から90日間は保障のj対象外であり、この期間にがんになった場合は契約無効となる。

③がん診断一時金は、支払い回数が「一回のみ」のタイプと、一時金の支払いから2年か3年経てば、何度でも受け取れる「複数回払い」の二つがある。

再発や転移を起こしやすいがんでは、退院後も通院や検査でお金がかかる傾向があります。

入院給付金に支払い限度のある医療保険にプラスして、がん保険に加入しておくと安心でしょう。