三大疾病保障保険-図解・生命保険-

保険のしくみ

生命保険の種類<三大疾病保障保険>

三大疾病保障保険は、死亡・高度傷害保険に加えて
がん、急性心筋梗塞、脳卒中で所定の状態になると
死亡保険と同額の三大疾病保険がおりる保険です。

保障が一生続く「終身型」と一定期間を保障する「定期型」
の2種類があります。

三大疾病保障保険 =
所定の状態を満たす場合のみ
保険金が支払われます

■三大疾病保障保険のしくみ

三大疾病保障保険とは、死亡や高度障害保障に加え、ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になった場合、死亡保険金と同額の三大疾病保険金がおりる保険です。

特定疾病保障保険・重大疾病保障保険・生前給付保険も同じ内容です。

保険金を受け取るとこの契約は終了しますが、保険期間中に保険金を受け取ることなく死亡または高度障害状態に陥った場合は、「死亡・高度障害保険金」が支払われることになります。

三大疾病時に一時金が支払われるため、人気の高い保険です。しかし、三大疾病にかかった人全てに保険金がおりるわけではありませんの注意が必要です。

保険金がおりるためには、所定の状態を満たす必要があります。

例えば、ガンの場合。「ガンの所定の状態」とは、医師により悪性新生物であると診断された場合のことです。

初期ガンといわれている「上皮内ガン」や「皮膚ガン(悪性黒色腫を除く)」、及び責任開始日から通算して90日の間に診断された「乳ガン」については、給付の対象外になります。

他に、「急性心筋梗塞」の場合は、発病し、初めて医師に診断を受けた日から、60日以上の労働の制限を必要とする状態が継続したと医師が診断した場合にのみ支払われます。

「脳卒中」の場合は、脳卒中を発病し、初めて医師の診断を受けた日から60日以上の間、「言語障害・運動失調・麻痺等の他覚的な神経学的後遺症」が継続したと医師が診断しなければ、給付を受けることはできません。

この保険には、保障が一生続く「三大疾病保障終身保険」と、一定期間を保障する「三大疾病保障定期保険」の2種類があります。

生前給付がある分、定期保険や終身保険に比べ、保険料はやや高めに設定されます。